ノウハウ
[エンジニア向け]

Plesk搭載のCentOS6でPostgreSQLのバージョンをアップグレード

ノウハウ
テクニカルサポート

2016年4月より、Plesk12搭載のVPSプランをリリースしていますが、CentOS 6のみでのご提供となっています。

『OSベンダーが提供しているミドルウェアバージョンを初期状態としているので、構築されるシステムによっては
ミドルウェアのアップグレードが必要』と前回のブログ(Plesk搭載のCentOS6でMysql5.1から5.6へのアップグレード)でも掲載させていただきました。

今回は、新プランリリース後、複数回質問をいただいている「PostgreSQL」のバージョンアップの例について、ご紹介いたします。

PostgreSQLのバージョンアップグレード
PostgreSQLのバージョンアップグレード

前提条件として
Plesk12の「Web Adminエディション」(PostgreSQLをPleskから操作できないエディション)搭載でのご案内となります。
「Web Pro/ Web Hostエディション」においてPostgreSQLのアップグレードをしますと、アップグレード以降は、PleskからのPostgreSQLの各操作ができなく
なりますのでご注意ください。

運用されるシステムによってはPostgreSQLのバージョンアップが必須であることもあります。
以下はPostgreSQL9.5にアップグレードする例となります。

※稼働中のサーバについて、Pleskに初回ログインし、最初のウェブスペースを作成した後に行う形での検証内容となります。

0.準備

念のためサーバサイドバックアップを取っておきます
コントロールパネルサーバーサイドバックアップ【仮想専用/専用サーバー】

1.「postgresql-server 8.X」のインストール版はPlesk管理画面から削除しておく

1-1.Plesk>ツールと設定>Plesk欄「アップデートおよびアップグレード」
を開く
1-2.「コンポーネントを追加/削除」をクリック
1-3. PostgeSQL を確認、「チェック印(インストール)」から
「×(削除)」に切り替え「続行する」を選択しアンインストール

2. OSリリース確認

ここからはSSHコマンドラインでrootに昇格してからの操作でのご案内です。

# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.7 (Final)

3. パッケージダウンロード

# wget http://yum.postgresql.org/9.5/redhat/rhel-6.7-x86_64/pgdg-centos95-9.5-2.noarch.rpm

4. インストール作業

# rpm -ivh pgdg-centos95-9.5-2.noarch.rpm
# yum -y install postgresql95-server postgresql95-devel postgresql95-contrib
:
中略
Dependency Installed:
postgresql95.x86_64 0:9.5.3-2PGDG.rhel6
postgresql95-libs.x86_64 0:9.5.3-2PGDG.rhel6

Complete!

5. DB初期化と起動

# ls /etc/init.d/post*
/etc/init.d/postfix /etc/init.d/postgresql /etc/init.d/postgresql-9.5

# service postgresql-9.5 initdb
Initializing database: [ OK ]

# /etc/init.d/postgresql-9.5 start
Starting postgresql-9.5 service: [ OK ]

6. postgres ユーザのパス設定

# su - postgres
$ cp -pi .bash_profile.rpmsave .bash_profile
$ vi .bash_profile (一番下に2行加える)

[ -f /etc/profile ] && source /etc/profile
PGDATA=/var/lib/pgsql/9.5/data
export PGDATA
# If you want to customize your settings,
# Use the file below. This is not overridden
# by the RPMS.
#[ -f /var/lib/pgsql/.pgsql_profile ] && source /var/lib/pgsql/.pgsql_profile
PATH=$PATH:/usr/pgsql-9.5/bin
export PATH

$ exit
logout

7. postgres ユーザで再ログイン

(PATHが通っているか確認して、psqlコマンドで「9.5系」が起動している確認をする)

# su - postgres
-bash-4.1$ echo $PATH
/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/pgsql-9.5/bin

$ psql
psql (9.5.3)
Type "help" for help.

8. 設定ファイルの確認

# ls /var/lib/pgsql/9.5/data/
base pg_hba.conf pg_notify pg_stat_tmp pg_xlog
global pg_ident.conf pg_replslot pg_subtrans postgresql.auto.conf
pg_clog pg_log pg_serial pg_tblspc postgresql.conf
pg_commit_ts pg_logical pg_snapshots pg_twophase postmaster.opts
pg_dynshmem pg_multixact pg_stat PG_VERSION postmaster.pid

(既存のPostgreSQLとはパスが変わります。設定内容については適宜調整ください)

# chkconfig --level 35 postgresql-9.5 on

等 で 起動を調整します。

9. サーバを再起動してもサービスが起動するかどうかの確認、および調整

上記は初期インストールとpsqlコマンドの起動のみの履歴となりますが 動作確認については
お客様にて行っていたたき、元の状態にもどす場合は、バックアップからをリストアください。

この記事を書いた人

テクニカルサポート

テクニカルサポートを得意とするエクスクラウドのサポートスタッフ。

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ