ノウハウ
[エンジニア向け]

Mailmanのデフォルト設定調整

ノウハウ
テクニカルサポート

2d7ccdbdPleskを搭載しているプランにはメーリングリストプログラム「Mailman」がインストールされています。
歴史あるメーリングリストプログラムですので自前サーバにインストールして利用されている方も多いようです。多機能なのでメールマガジン配信などにもよくつかわれています。

livedoorレンタルサーバのサービスがスタートした当初は、Pleskインストール時から変更のないMailman設定で運用していましたが、新しいプランをリリースするタイミングでちょくちょく見直しをし、
/usr/lib/mailman/Mailman/mm_cfg.py
という設定ファイルについては変更しています。
このファイルを変更することで、同サーバ内に新規に追加されるメーリングリストのデフォルト設定を変更することができます。

以下は当社のPlesk 11 プランの/usr/lib/mailman/Mailman/mm_cfg.pyファイルで実際に有効にしている設定ですが、Plesk8の仮想専用サーバでも調整可能な内容ですので紹介させていただきます。
共用サーバの場合はこのファイルの編集はできないのでそれぞれのメーリングリスト管理画面で調整してください。

DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = ‘ja’ 

Mailmanの言語設定を日本語に変更する。
Plesk8 搭載のADVANCE、EXPERTのプランなどでもこの設定に変更して出荷しているものもありますが、純オリジナルの状態の既定では英語になっています。
※共用サーバの場合の設定調整操作はこちら

DEFAULT_ARCHIVE = Off 
「保存書庫」の機能を無効にする。
次項の「DEFAULT_ARCHIVE_PRIVATE」と絡めて、既定では「保存書庫は有効」&「保存書庫は一般に公開する」という設定になっています。
日本のお客様の公開フォーラム的な利用はあまり一般的ではないようで、さらに保存書庫の処理に時間がかかり、負荷がかかったり、メーリングリスト配信の停滞の原因になるという事象もあるのでOffにしております。

DEFAULT_ARCHIVE_PRIVATE = 1
「保存書庫」の機能が有効になった場合でも会員限定で公開する。
もし保存書庫をもし有効にした場合、即時全世界に公開するということにならないように念のため、既定では
「会員限定」にしています。
※共用サーバの場合の設定調整操作はこちら:保存書庫

DEFAULT_LIST_ADVERTISED = No
「広告」の機能を無効にする。
既定では「このサーバにはこんなメーリングリストがあります」と紹介するページがひっそり作成されますが、社内向けや限定されたメンバー向けに作成されている場合はそんなことを望まれていないケースも実際には多いようでした。
※共用サーバの場合の設定調整操作はこちら:メーリングリスト名の非公表化


DEFAULT_DIGESTABLE = No

「まとめ読み」を無効ににする。
こちらの機能はメーリングリストへの投稿をたとえば月に一度まとめて配送するための機能なのですがこれも
処理中の負荷をかけていることが多いため、既定値を変えています。
※共用サーバの場合の設定調整操作はこちら:まとめ読み無効化

DEFAULT_SEND_GOODBYE_MSG = No

「退会メール」を送信しない設定ににする。
さよならメールは希望者が少ないので無効にしています。
※共用サーバの場合の設定調整操作はこちら:退会メール非送信

DEFAULT_SEND_WELCOME_MSG = No

「歓迎メール」を送信しない設定にする。
会員を登録した時に、会員に送らないようにしています。
サーバ移管などでデータをもってくる際に既存の会員様にもメールが自動で一斉に送られてしまうのを防ぐためです。ただ、自動で歓迎メールを送られるほうがよいという場合は、あらかじめメーリングリスト管理画面で設定調整を行ってください。
※共用サーバの場合の設定調整操作はこちら:歓迎メール非送信

DEFAULT_SEND_REMINDERS = No

パスワード備忘通知を送らない設定にする。
これは定期的に送られてくる会員へのパスワード通知を止めるための設定です。実際メーリングリストの管理画面に一般会員をログインさせて運用しているケースは稀なのでこの設定は既定から変更しています。
※共用サーバの場合の設定調整操作はこちら:パスワード備忘通知非送信

Mailman以外にも様々なメールマガジン配信ツールがありますが、まだまだMailmanも根強い人気のある高機能メーリングリストソフトウェアです。当社Pleskに搭載されているバージョンは 2.1.9になります。

Mailmanメーリングリストの移行をする際のコマンドラインTipsは別記事でご参照ください。

Mailmanのコマンドライン操作

9d37a11f

この記事を書いた人

テクニカルサポート

テクニカルサポートを得意とするCloudGarage、エクスクラウドのサポートスタッフ。

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ