ノウハウ
[エンジニア向け]

Web開発者、サーバー運用者を強力に支援する Plesk Onyx リリース

ノウハウ
鈴木 隆之
Plesk Onyx

こんにちは、Pleskのセールスエンジニアをしております、パラレルス株式会社 鈴木隆之と申します。Pleskサポートに定評を持つNHN テコラス様 エクスクラウドにおいて、最新機能を揃えたコントロールパネル製品 Plesk Onyx がリリースされました。
本記事では、Plesk Onyxの主な新機能をいくつか紹介しましょう。

Plesk Onyx管理画面

Plesk Onyxでは、Webアプリケーション開発者、サーバー運用者を強力に支援する、多くの新しい機能が追加されています。専門技術書の熟読や、ツールの操作に多くの時間を費やすことはありません。コントロールパネルを通して、広く使われている最新技術を、最小限の事前知識の下、数ステップの作業で手間なく活用することが可能です。その結果、本来の開発業務、サーバー運用業務に注力でき、強いては、インターネットをツールとして使う、本来のビジネスにフォーカスすることができます。
それでは、Webアプリケーション開発者とサーバー運用者の立場に分けて、新機能を簡単に説明しましょう。

Webアプリケーション開発者への支援機能

Webアプリケーションのコーディングを始めるには、当然、開発環境を準備し、アプリケーションをデプロイするサーバー構築が必要です。多くの場合、スキルの高い、特定の開発者が、コーディングを進めながらも、先行してこのような環境整備に勤しむことでしょう。そのため、その担当の作業が何らかの理由で滞ると、プロジェクトそのものが容易に止まってしまいます。Plesk Onyxの新規機能により、忙しい開発者のために手間のない開発向けサーバー環境の構築、そして、今までサーバー管理まで手を出せなかった開発者が少ない勉強時間で準備を進めること、の両方を実現できます。それでは、ソースコード管理システム Gitとの統合、より便利になったスクリプト言語の設定について述べましょう。

ソースコード管理システム Gitとの統合

実際のところ、Gitによるソースコード管理を使っている開発者は少なくないはずです。では、Gitレポジトリを一から構築したり、デプロイのための自動化スクリプトを用意するといった作業経験はありますか?Linuxのコマンドライン操作や、Gitサーバーへの十分な理解が必要なので、誰もが容易にできるものではありません。
Plesk Onyxでは、コントロールパネルを通して、数ステップで、複数のGitレポジトリを作成、ベーシックな管理を実現します。もちろん、開発者によるソースコードの更新と共に、自動的にコンテンツディレクトリへ配置、rakeコマンドのようなビルドコマンドの自動実行も設定できます。
次の画面では、BitBucketにあるプライベートGitレポジトリをPleskに登録する様子を示します。クラウドサービスとして提供される各社のGitレポジトリは、より便利な開発支援発ツールとなるので、PleskとGitの統合は開発者に大きなメリットとなるでしょう。

Gitリポジトリの追加

管理者ガイド:Gitのサポート

PHPだけじゃない! Ruby、Node.jsの選択設定

Plesk 12を使い倒す開発者は、Plesk配下の複数の仮想Webサイトにおいて、実行可能なPHPのバージョンを個別に変更できることはご承知でしょう。そのため、古いWordPressで提供されるWebサイトには安定したPHP 5.6 を割り当て、同一サーバーに存在する最新のWebアプリ開発環境ではPHP7.0 を適用することも可能です。さらに、Plesk Onyxから PHP 7.1もサポートします。
Ruby や Node.js についても、コントロールパネルを通した、複数のバージョンの割り当てと、従来エディタで直接編集を行っていた環境変数の変更、モジュール追加を適用いただけます。テスト環境構築のためだけに、別サーバーを一から用意したり、異なるバージョンのRubyをマニュアルでインストールしていた今までの手間を考慮すると、この効果も大きいといえるでしょう。

Rubyのインストール画面

管理者ガイド:Rubyのサポート(Linux) 、 Node.jsを使用する

ちなみに、Plesk12から提供されたWordPress Toolkit (Plesk Web Pro/Web Host Editionで標準サポート)においても、細かい設定無しに、より簡単にWordPressがインストールできるようになりました。近々、さらに便利な機能の追加も予定されており、これだけのためにPlesk Onyxを使わない手はないでしょう。

サーバー運用者への支援機能

旧バージョンのPleskから、この手の新規機能の追加を着実に続けてきました。Plesk Onyxでは、さらに一歩進み、コントロールパネルからOSパッケージアップデートが実施可能になりました。特定のパッケージをロックしてアップデート対象から除外することも可能です。sshクライアントの利用に知識がないという理由から、OSのアップデートを避けていたサーバー運用者にとって、非常に便利な機能といえるでしょう。

システムアップデートの画面

管理者ガイド:システムアップデート(Linux)

 

その他、NginxホスティングやWebメールのSSL化サポート等、ユーザからの要望が高かった機能実装が多数提供されました。英語となりますが、Plesk OnyxのChange Logを見てみるのもよいでしょう。
さらに、Pleskのコア機能に含まれない、新しい拡張機能、例えば、スパムメールブロッカー、Webアプリケーションへの自動パッチ適用、セキュリティチェックツール等の外部機能が、続々と用意され、ワンクリック操作で簡単に登録できるようになりました。Plesk社以外のサードパーティベンダーが提供する、無償/有償の拡張機能も増えていく予定です。

拡張カタログの画面

 

先月2月に拡張機能として登録されたGoogle PageSpeed Insightsもその一つで、追加費用無しにインストールできます。Googleの仕組みを使ってPlesk上に存在するWebサイトのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための方法を提案します。

Google PageSpeed Insights

Suggestions Summary

おわりに

最後まで本記事をお読みいただきありがとうございました。Plesk Onyxを導入したいという気持ちは強くなりましたか?Plesk社が提供する Plesk Onyxのデモサイトも用意されているので是非アクセスして実感してください。Plesk Onyxのメリットを取り入れ、お客様が本来注力すべきビジネスにフォーカスしましょう。

同時に、Pleskを知り尽くした、しっかりとした技術サポート支援は必須です。NHN テコラス様は、Pleskプラチナパートナーとして、高品質なサポートサービスを提供します。エクスクラウドのクラウドVPSの選択は最適と言えるでしょう。Plesk Onyx搭載のVPSを14日間無料でお試しいただくことも可能です。検証などにぜひご活用ください。

この記事を書いた人

鈴木 隆之

パラレルス株式会社のセールスエンジニアです。コントロールパネル製品 - Plesk、仮想化製品 - Virtuozzo を販売してます。Pleskの技術記事を時々書いてます。記事内容にご要望等があれば、Twitter @TakayukiPlesk1 までコメントください。

この記事のタグ

オススメの記事

この記事を読んだ人にオススメのサービス

エクスクラウドのクラウドVPS

メモリ2GBで950円!最大72GBまで拡張!SSD搭載でメモリ量も多いため、WordPressなどのCMS利用にオススメです。負荷分散や冗長化についてのインフラ設計コンサルティング&サーバー構築代行を技術スタッフが承ります。オプションでクラウド型WAFが1,500円/月で提供、セキュリティ対策も対応に導入可能です。

ページトップへ