自由研究
[CloudGarageフリーク]

CloudGarageフリーク?! 1ヶ月で43インスタンスを使い倒した青山さんに話をきいてみた。

自由研究
いきを

7月27日のCloudGarageサービス公開後、#CloudGarageでつぶやかない日はないんじゃないかというくらい、CloudGarageを使い倒しているアツい漢がNHN テコラスにやってきた!

青山 尚暉@FoxBoxsnet
日本工学院 ITスペシャリスト科に在学中。
Rancher JPの中の人でイベントの運営などに携わっている。
Qiitaに執筆しているCloudGarage 早速いじってみた
が公式並に詳しい。

青山さん

CloudGarageフリークは初動がすごい

いきをどうも、はじめまして、いきをです。
TwitterでCloudGarageの担当者がいつもお世話になっております。青山さんはCloudGarageがサービス公開したその日に申し込みをされていて、Qiitaに記事も上げてましたよね?

青山さん私はRancher JP(Rancher の日本コミュニティ)に所属していて、Rancher のドキュメントづくりやイベント運営に携わっているんですが、Rancher JPの新藤さんが CloudGarage のリリースパーティに参加していて、サービスを知りました。

いきをじゃあ、サービスを知ったのもほんとに偶然だったんですね。

青山さんそうなんです。
リリースパーティーのスライドとか様子を新藤さんが Messenger してきたから
「これは俺にやれってことなのかな?」って思って(笑)

とりあえず面白そうだから登録して、ログインしてみたけど、これはサーバー立てみないとわからないな、でも無償プランいつでるかわからないな、ってとりあえずポチ(プラン購入)しちゃいましたね。
当日は登録して、#CloudGarage(Twitter のタグ)をみながら、Qiita 書いて公開してました(笑)

▼申し込みから 30 分後には RancherOS をいれて WordPress までさくさく立ち上げていた

▼さらにQiitaに2本も記事を書いていただいている

いきをスピード感がやばい(ゴクリ)

コンテナが死んで、DBが吹き飛ばされた!苦い経験のあとにたどり着いたRancher

いきを青山さんが所属する Rancher JP についてお話を伺いたいんですが、まずは Docker を活用するコンテナ管理ソフトウェア Rancher を利用しはじめたきっかけは?

青山さんDocker ComposeをGUIで簡単にできるものはないかなと探して、Rancherを触るまえにまずDockerを去年6月くらいに触り始めました。
Dockerをはじめたきっかけは、授業でLinuxの実習があり、ApacheやNginxをいじってみたらおもしろそうだったので、構築しようしたことです。
最初はDockerとかコンテナを知らずに、可用性を求めすぎて4台構成で組んでいました。
結果、リソースが無駄&お金がかかるなって気づいたのと、毎回サーバにRPMパッケージを直接インストールして設定をいれてたんですが、初心者なんでインストールや設定で毎回間違えて正常に動作せず、ストレスでした。
どこを間違えたかわからないから、対象のアプリケーションの RPM パッケージを削除して再度新規インストールして、Config ファイルを戻して、といった作業をやりなおすっていうのがめんどくさくなってきました。
この手間を解消する手段として、Dockerにたどり着きました。

いきを初心者あるあるですね。

青山さんDocker を使えばアプリケーションは別環境で作っても同じように動くし、リソース消費はアプリケーションが実行された分だけになるので、リソース確保の為に多くの仮想マシンを用意しなくてよくなり、結果 1 台の仮想マシンのにまとめることができました。
ただそこで動いていたのが他の人もアクセスするWikiだったので、サービスを止められないのが難点でした。
それにも関わらず、Docker Composeでの操作だとアップデートのたびに停止してイメージのアップデートが必要で、しかも最初にやったときはイメージのアップデートでコンテナが死んでDBが吹き飛ばされました。

いきをその話だけでだいぶつらいです。

青山さんたぶんボリュームの設定をやり忘れたんだと思いますが・・・
もうこれダメだ\(^o^)/とやる気がおきなくなってしまいましたね(笑)

こういった失敗を経験しながらも、Docker を利用していきました。
そして、Docker ComposeをGUIでもっと簡単に操作できるものはないかなーと探してRancherにたどり着きました。

初心者と牛に優しいRancher JP

青山さん
▲Rancherポロシャツがかわいい(ほしい)
いきをそのあとDockerではなくRancherのコミュニティに入ったんですね。

青山さん実は Docker や Rancher を触る前に、IaaS サービスのように GUI でインスタンス追加できるものを探していて CloudStack(クラウド基盤の OSS)にいってたんです。
そこで知り合ったのが千葉さんです。
Rancherの最初のミートアップでもお会いして、これからコミュニティをやるから一緒にどう?と誘われたのがきっかけです。
RancherはもともとCloudStackのリソースを使ってできているので、コードも依存している部分があり、CloudStackをやっていた人たちがごっそりRancherにきているんですよ。
千葉さんはRancherのUIを日本語化してくれたすごい方なので、そういう方と一緒に活動できるのもコミュニティの魅力の一つですね。

いきをそうだったんですね。
日本語化はめちゃくちゃありがたいので、多くのエンジニアが助かってると思います。

青山さんコミュニティのコアメンバーで動いているのは 11 人ですが、月一回でちゃんとミーティングをしているため、メンバーの結束はかたいです。
Rancher JP では「参加しやすさ」の点に工夫をしながら運営しています。その効果がでているのが Slack で、最近は#qa(使い方などについて質問ができるスレッド)チャンネルが特に盛り上がっています。

いきを#qaが盛り上がっていると初心者でも入りやすいですね。わからないことをすぐにきける環境はありがたいです。
回答は主にコアメンバーの人たちがしているのですか?

青山さんコアメンバー以外でもRancherをいじっていて知っている内容なら気軽に回答してくれる人も多いです。
それもあって#qaは盛り上がっていますね。
私はあまり英語が得意ではないので、Rancher Labsの情報などを⾒てもあまり理解できませんが、#qaに投稿すると⾃分が思いもしない⽅法が出てきたりして⾯⽩いです。
Rancher JP の Slackはほんとに気軽に使ってもらう感じです。

Rancher JPのSlackの#qa

いきを牛撮ってきたよーとかでもいいんですか??

青山さんOKですよ!むしろネタになって牛の画像をみんな上げはじめると思います。結構みんな画像を持っていて、推しの牛もいたりして面白いです(笑)
とりあえずなんかあったら牛アイコン(Slack 内のカスタム絵文字)押して反応しておけば OK。

いきをほんと牛が大好きですよね。ミートアップの集合写真も牛ポーズもみんなやっていて、一体感ありましたね。
コミュニティ内はインフラに詳しいエンジニアが多いんですか?

青山さんいえ、インフラはあんまり詳しくないWebアプリケーションエンジニアの方もたくさんいます。
アプリケーションのテストをいっぱいまわすのに検証用環境を簡単に構築したいから Docker を学びはじめたってケースは多いです。
そういうケースでは Docker をいれても Docker Compose で管理する段階でハードルが高くなって、最終的に Rancher にたどり着いてたりしますね。
あまり学習コストをかけずになんとか楽にインフラ構築をやりたいという願いを叶えてくれるのが Rancher の Catalog 機能です。
ボタンをポチポチ押せば何も考えずに環境ができる。
Rancher の最大の特長はインフラを意識しなくてもサービスが使えるところだと思います。

RancherのCatalog画面
▲RancherのCatalog機能を使えば、WebUI上で⾃分のサービスを公開することもできます。docker-compose.yml の記述⽅法の理解があればほとんど実現出来るため、アプリケーションを増やすのが簡単です。
こちらは青山さんが書いたCatalog

RancherのCatalog画面
▲community-catalog (US) は活発でカタログが増え続けており、少しお試しする程度なら⼗分使えるとのこと

CloudGarageはストレージ性能がおかしい

いきをRancherでもいろいろやられているんですね。検証用に作って壊して削除したりは日常茶飯事なんですか?

青山さんはい、CloudGarageも使い倒していて、すでにインスタンスは・・・ローカルIPアドレスを見る限り43個目ですね(笑)

いきを1日1個より多い (白目)

青山さんCloudGarageはインスタンスの立ち上がりが爆速なのでいろいろ試しやすいんです。
ただ検証する場合は複数台たてることが多いので、インスタンスの削除が一覧から一括でできると楽だなーっていうのは思いました。

いきをなるほど。開発側に報告して検討させていただきますm(_ _)m

青山さんあとTwitterにも書いたんですが、
CloudGarageはストレージの性能が(いい意味で)おかしいです。

青山さんいままで他社のSSDを使ったクラウドも試していますが、CloudGarageはストレージの性能がすごすぎるんです。

Rancherサーバーって実はCPUよりもI/Oの性能が求められます。
RancherはJVM(Java仮想マシン)でできていて、メタデータをサーバー内部にもっているので、JSONファイルがたくさん入っています。
そこにAPIでアクセスするけど、そのファイルが頻繁に更新されるんです。
そのため他社のクラウドで Rancher Server をアップグレードして起動するとだいたい Mackerel(クラウド監視ツール)のアラートがでて、「ロードアベレージ高くない?」って怒られます(笑)
I/Oの性能がいいCloudGarageはRancherと相性抜群のサービスですね。

一緒にサービスをよくしていきたい

いきをQiitaに愛のつまったご要望をまとめていただいていますが、もう青山さんうちのプロジェクトマネージャーよりコントロールパネルについて詳しいんじゃなかろうかって思いました(笑)

青山さんいま心待ちにしているのは API ですね。
CLIでマシンをあげられるのはやっぱり楽しいんです。
APIができたらRancher Machine Driverからマシンを立ち上げることができるようになるので、捗りますね。

あと Rancher は ISO じゃなくてイメージテンプレートだと嬉しいですね。最新バージョンの提供が早いとさらに嬉しいです。
協力できることがあれば、ぜひお手伝いしたいです!

いきをありがとうございます。今後も気になる部分があればご意見いただければと思います!

Rancher気になる、面白そう、と思った方に朗報

2017/9/22(金)にRancher JP主催の初心者ハンズオンが開催されます!
ぜひ牛さんと仲良くなってください。
Rancher ハンズオン #03 & モクモク勉強会 #07

この記事を書いた人

いきを

時短で働くWebディレクター。 好きな食べ物は米。

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ