イベント・勉強会
[参加レポート]

ここがすごいよ「技術書典3」イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

画面越しのみなさん、こんにちは。CloudGarage広報の たなはる です。

 

10月22日(日)にアキバ・スクエアで開催された「技術書典3」に、協賛企業としてCloudGarageブース出展しました。

運営スタッフのみなさん、ご来場のみなさん、ありがとうございました。

今回参加したのは、技術系サークル・コミュニティの方々により、魂を込めて作り上げられた数々の技術書や書籍が多数出展されるイベント「技術書典」。

イベント名からおわかりいただけるかと思いますが、今回が3回目の開催です。過去開催された「技術書典」につきましてはこちらをご覧ください。

当日の楽しい様子や、出展者による執筆書籍や参加者の戦利品(購入書籍)の紹介は既にたくさんブログになっているので、今回の記事では、初参加してみて感じた「技術書典3のすごいところ」をお伝えします。

 

ここがすごいよ「技術書典3」

その1、悪天候さえ吹き飛ばす程の参加者の熱気

イベント開催日は台風21号接近によりあいにくの大雨、にも関わらず、来場者数は2700人!

悪天候なんて感じさせない熱気と賑わいでした。

 

その2、濃厚かつ(厚さが)薄い技術書で溢れる出展ブース

人の多さもさることながら、内容が濃厚な技術書・出展ブースもすごかったです。

この本の積み上がり方。テンションあがりますね。

 

かわいいですね。レシートのために買い物したいくらいです。

 

そして、やはり一般参加者の購入数もすごい。

TwitterのTLで「#技術書典」で検索したところ、画面に入り切らないほどの数々の技術書で埋め尽くされた写真がアップされていました。

濃厚かつ(厚さが)薄い本もこれ程集まればなかなかの厚さですね。

かくいうわたしも何冊か購入しちゃいました。

 

左上から時計回りで、

著者のみなさん、ありがとうございます!購入してほくほくしちゃいました。じっくり拝読いたします。

その3、参加者が気楽に楽しめる仕組み

今回の「技術書典3」では、多くの来場者数による混雑や待ち時間を考えて、出展者・来場者が過ごしやすく楽しみやすくなる仕組みがいくつかありました。

・整理券による入場方式

技術書典3では、当日に来場者全員に整理券が配布され、整理券に記載された番号順に運営スタッフが案内する形式でした。

また、リアルタイムで入場できる整理券番号を知らせてくれるWebサイトもあったり、公式ツイートでも入場可能番号を教えてくれるので、待ち時間までずっと外で並ぶことなくに入場できます。

 

・決済システムによる支払い

今回、支払いにおいて技術書典3で独自に開発された決済アプリが提供されたようです。

使い方も詳しく公式サイトに掲載されていて、とてもスマートで使いやすそうです。

 

・立ち読みができるスペース

「本を買う前、何が全体的じっくり見てみたい。」「入場まであと少しだけど、外でずっと待っているのも疲れる。」そんな来場者のために、出展される本が静かに読める「立ち読み会場」と購入した本をまとめたり整理できる「戦利品会場」が設けられていました。

コーヒーも無料で提供されていたようで、とても過ごしやすい空間でした。

 

たった3回目とは思えない、来場者が気楽に楽しみやすい

 

楽しくて、感動だらけの「技術書典3」

熱気あふれるだけではなく、運営スタッフの方々の配慮が行き届いていたイベントで、出展者側も来場者側も気楽に楽しめる素晴らしいイベントでした。

当日の様子のツイートはtogetterでもまとめられていますので、ぜひご覧ください。

 

おわりに

今回、CloudGarageは、薄い本は売っていなかったのですが(強いて言えば2ページのリーフレットを配布しました)、イベントの楽しさや薄い本に魅了されて、創作意欲が沸き起こりました。

「技術書典3」は、参加者が不便なく気楽に楽しめる仕組みがあり、そのおかげでピークの時間以外は出展者さんと会話もできて、とっても楽しかったです。

改めまして、運営スタッフのみなさん、ありがとうございました。そしてブース出展者のみなさんやご来場のみなさんもありがとうございました。

 

おまけ

実は、今回CloudGarageはブース以外にも、ここにもCloudGarageが。

在庫をいただきましたので、CloudGarageが今後参加するイベントでも配布いたします。ぜひご利用ください!

 

それでは画面越しのみなさん

またお会いできる日まで♪ドロン

この記事を書いた人

たなはる

たなはる です。 CloudGarage・エクスクラウド広報担当。趣味は落語鑑賞。 ハナシは落としても、サーバーは落としません。

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ