自由研究
[EX-CLOUDでつくる]

EX-CLOUDでつくるRedmineサーバ(前編)

自由研究
テクニカルサポート
      Pleskなしのエクスライトを使ってRedmineをセットアップしてみます。

 

      なお、エクスケール(EX-SCALE)でもいくつか差異がありますが、ほぼ同様の手順で構築が可能です。

 

      と、その前に・・・Redmineってなんだろうという方のために簡単にご説明します。

Redmineとは

Webベースのプロジェクト管理ソフトウェアでタスク管理、進捗管理、情報共有などが行えます。
ソフトウェア開発の現場で最近よく使われていますが、応用しだいでさまざまな用途に使えるソフトウェアです。
EX-CLOUDのサポート現場でもRedmineを活用しています。

 

構築の前提条件

エクスライトを契約しsshで接続しyum updateを実施済みの環境

必要な環境・ソフトウェア

EX-LITE(エクスライト)(Pleskなし)
Redmine 2.1.2(2012/10/03時点で最新のバージョン)
OS CentOS 5.8(エクスライトで提供されるOSです)
データベース MySQL 5.5.14(エクスライトで標準搭載のバージョンです)
Webサーバ Apache 2.2.3(Railsの実行にはPassengerを使用します)
Ruby ruby 1.9.3-p194(元々入ってるrubyはアンインストールしRPMパッケージ作ってインストールします)
Ruby Gems 1.8.23(Ruby 1.9.3に同梱のものを利用します)
Ruby on Rails 3.2.8

Redmine環境のセットアップ

      1. RubyのRPM作成
      2. Rubyのインストール
      3. ImageMagickのインストール
      4. データベースの設定

Redmine環境のセットアップ手順詳細

      1. RubyのRPM作成
          • EPELリポジトリの追加

        以下のURLからepelパッケージのURLを確認します。
        https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/

        Packagesのところにepel-releaseのリンクがあるので、コピーし以下のコマンドでインストールします。

        rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
        

         

          • インストールされているRuby1.8のアンインストール
        yum remove ruby*
        

         

          • RubyのRPM作成に必要なパッケージのインストール
        yum install libyaml-devel
        yum install gdbm-devel
        yum install tk-devel emacs
        

         

          • SPECファイルの作成
        cd /usr/src/redhat/SPECS/
        vi ruby.spec
        
        %define name            ruby
        %define rubyver         1.9.3
        %define rubyminorver    p194
        Name:           %{name}
        Version:        %{rubyver}%{rubyminorver}
        Release:        1%{?dist}
        License:        Ruby License/GPL - see COPYING
        BuildRoot:      %{_tmppath}/%{name}-%{version}-%{release}-root-%(%{__id_u} -n)
        BuildRequires:  readline-devel ncurses-devel gdbm-devel glibc-devel openssl-devel gcc libyaml-devel
        Source0:        ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/ruby-%{rubyver}-%{rubyminorver}.tar.gz
        Summary:        An interpreter of object-oriented scripting language
        Group:          Development/Languages
        Provides: ruby(abi) = 1.9
        Provides: ruby-irb
        Provides: ruby-rdoc
        Provides: ruby-libs
        Provides: ruby-devel
        Provides: rubygems
        Obsoletes: ruby
        Obsoletes: ruby-libs
        Obsoletes: ruby-irb
        Obsoletes: ruby-rdoc
        Obsoletes: ruby-devel
        Obsoletes: rubygems
        %description
        Ruby is the interpreted scripting language for quick and easy
        object-oriented programming.  It has many features to process text
        files and to do system management tasks (as in Perl).  It is simple,
        straight-forward, and extensible.
        %prep
        %setup -n ruby-%{rubyver}-%{rubyminorver}
        %build
        export CFLAGS="$RPM_OPT_FLAGS -Wall -fno-strict-aliasing"
        %configure \
        --enable-shared \
        --disable-rpath \
        --includedir=%{_includedir}/ruby \
        --libdir=%{_libdir}
        make %{?_smp_mflags}
        %install
        # installing binaries ...
        make install DESTDIR=$RPM_BUILD_ROOT
        #we don't want to keep the src directory
        rm -rf $RPM_BUILD_ROOT/usr/src
        %clean
        rm -rf $RPM_BUILD_ROOT
        %files
        %defattr(-, root, root)
        %{_bindir}
        %{_includedir}
        %{_datadir}
        %{_libdir}
        

        changelogについては省略しています。

          • rubyのソースをダウンロード
        cd /usr/src/redhat/SOURCES/
        wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p194.tar.gz
        

         

          • RPMパッケージのビルド
        cd /usr/src/redhat/SPECS
        rpmbuild -ba ruby.spec
        

 

      1. Rubyのインストール
cd /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/
rpm -ivh ruby-1.9.3p194-1.x86_64.rpm

 

      1. ImageMagickのインストール
          • ImageMagickのインストールに必要なパッケージのインストール
        yum install jasper-devel openexr fftw3
        yum install libtool-ltdl xz xz-devel ghostscript-devel lcms-devel libICE-devel libSM-devel libXext-devel libXt-devel
        cd /etc/yum.repos.d/
        wget http://www.graphviz.org/graphviz-rhel.repo
        yum install graphviz.x86_64
        

         

          • ImageMagick6.2.8のアンインストール
        yum remove ImageMagick*
        

         

          • ImageMagickのインストール
        cd /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/
        wget http://ftp.kddlabs.co.jp/graphics/ImageMagick/linux/CentOS/x86_64/ImageMagick-6.8.0-0.x86_64.rpm
        wget http://ftp.kddlabs.co.jp/graphics/ImageMagick/linux/CentOS/x86_64/ImageMagick-perl-6.8.0-0.x86_64.rpm
        wget http://ftp.kddlabs.co.jp/graphics/ImageMagick/linux/CentOS/x86_64/ImageMagick-devel-6.8.0-0.x86_64.rpm
        rpm -ivh ImageMagick-6.8.0-0.x86_64.rpm ImageMagick-devel-6.8.0-0.x86_64.rpm ImageMagick-perl-6.8.0-0.x86_64.rpm
        

        ImageMagickは頻繁にバージョンアップするので、ダウンロードできない場合、
        新しいバージョンが出ている可能性が高いので、公式サイト
        でチェックしてください。

 

      1. データベースの設定
          • 文字コードの設定

        /etc/my.cnfの編集

        vi /etc/my.cnf
        

        [mysqld]セクション内に記述

        character-set-server=utf8
        

        末尾に追加

        [mysql]
        default-character-set=utf8
        

        MySQLサーバ再起動

        /etc/init.d/mysqld restart
        

        MySQLサーバ自動起動をオン

        chkconfig mysqld on
        

         

          • 文字コードの設定確認

        MySQL rootユーザでログインしてSQLを実行します。

        mysql -uroot
        mysql> show variables like 'character_set%';
        +--------------------------+----------------------------+
        | Variable_name            | Value                      |
        +--------------------------+----------------------------+
        | character_set_client     | utf8                       |
        | character_set_connection | utf8                       |
        | character_set_database   | utf8                       |
        | character_set_filesystem | binary                     |
        | character_set_results    | utf8                       |
        | character_set_server     | utf8                       |
        | character_set_system     | utf8                       |
        | character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
        +--------------------------+----------------------------+
        

        UTF-8になっていることを確認します。

          • MySQL rootパスワードの設定
        mysql> use mysql;
        mysql> update user set password=password('PASSWORD') where user = 'root';
        

        PASSWORDの部分は実際に使うパスワードを入力してください。

          • MySQLユーザの確認
        mysql> select host,user from mysql.user;
        +---------------------+------+
        | host                | user |
        +---------------------+------+
        | 127.0.0.1           | root |
        | localhost           |      |
        | localhost           | root |
        | redmine.example.net |      |
        | redmine.example.net | root |
        +---------------------+------+
        5 rows in set (0.00 sec)
        

         

          • 匿名ユーザの削除
        mysql> delete from user where user = '';
        

         

          • 削除後の確認
        mysql> select host,user from mysql.user;
        +---------------------+------+
        | host                | user |
        +---------------------+------+
        | 127.0.0.1           | root |
        | localhost           | root |
        | redmine.example.net | root |
        +---------------------+------+
        3 rows in set (0.00 sec)
        

        権限を反映して一旦ログアウトします。

        mysql> flush privileges;
        mysql> exit;
        

         

          • Redmine用データベースの作成

        再度MySQLにログイン
        設定したパスワードを入力してログインします。

        mysql -uroot -p
        Enter password:
        

        redmineのデータベース作成

        mysql> create database db_redmine default character set utf8;
        

        redmineデータベース操作用ユーザの作成およびパスワード設定

        mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by 'PASSWORD';
        

        PASSWORDの部分は実際に使うパスワードを入力してください。
        権限反映

        mysql> flush privileges;
        mysql> exit;
        

今回はredmineをセットアップするための環境の構築を行いました。
次回は実際にRedmineをインストールして、使うところまでを行います。

今回セットアップするために環境を用意したのは、エクスクラウドのVPSです。5段階に無停止でスケールアップが可能で月額1,000円(税抜)からなので、開発用に是非使ってみてください。

この記事を書いた人

テクニカルサポート

テクニカルサポートを得意とするエクスクラウドのサポートスタッフ。

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ