自由研究
[EX-CLOUDでつくる]

EX-CLOUDでつくる動画配信サーバ 1

自由研究
テクニカルサポート

おひさしぶりです。
結構間隔があいてしまいましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
私は元気です。

それはさておきEX-CLOUDでつくる○○シリーズ、今回は動画配信をテーマにしたいと思います。
以前のwikiはどうした?という声も聞こえてきそうですが、そこは今後のお楽しみということで。

では、気を取り直して『EX-CLOUDでつくる動画配信サーバ』はりきっていってみましょう!

まず、動画配信サーバを構築する前に動画配信を行う方法はどのような方法があるのかそのあたりを整理したいと思います。

動画配信方式について

動画配信にはいくつか方法があり、単純にWebサーバに動画ファイルを設置してWebサーバに呼び出させる単純な方法もあれば、
専用のストリーミングサーバを構築して配信する方法などいくつか、動画配信の方式があります。

現在のところ以下のような方式があります。

  • HTTPダウンロード
  • プログレッシブダウンロード
  • 専用プロトコルストリーミング
  • HTTPストリーミング

それぞれの特徴を以下にあげていきます。

HTTPダウンロード

一番単純な方法です。
単純に配信データをダウンロードする方法なのでクライアントにデータが残ります。

使用プロトコル:HTTP

メリット
Webサーバのみで配信できるので、導入が簡単
一度ダウンロードしたものはキャッシュされるため2度目以降の再生でサーバの負担が軽減される
データをキャッシュして配信するCDNとの相性がよい

デメリット
配信データがすべてクライアントにダウンロードされるまで動画が再生されない
クライアントに無劣化でデータのコピーが残るため、第三者に無断で配布されたりするリスクが存在する
オンデマンドコンテンツ配信のみ対応である

プログレッシブダウンロード

ダウンロードとストリーミングの中間のような配信方式です。
ファイルをダウンロードしながら再生します。
ダウンロードと同じく配信データをダウンロードする方法なのでクライアントにデータが残ります。
YouTubeの配信などで利用されています。

使用プロトコル:HTTP
メリット:
Webサーバのみで配信できるので、導入が簡単
ファイルをダウンロードしながら再生するため、ダウンロード方式に比べて再生までの待ち時間が短い
一度ダウンロードしたものはキャッシュされるため2度目以降の再生でサーバの負担が軽減される
HTTPダウンロードと同じくCDNとの相性がよい

デメリット:
ストリーミングとは異なり、ダウンロードが終わるまではシーク(任意の箇所での再生/一時停止/早送り/巻き戻し/停止)ができない
クライアントに無劣化でデータのコピーが残るため、第三者に無断で配布されたりするリスクが存在する
オンデマンドコンテンツ配信のみ対応である
基本的に帯域制御などの配信制御ができないので、ストリーミングに比べ配信効率はやや劣る

専用プロトコルストリーミング

ストリーミング専用に作られたプロトコルを用いて配信する方式です。

使用プロトコル:RTSP/RTMP/MMSなど

メリット:
配信データを受信しながら再生するので再生までの待ち時間が短い
シークが自由に行える
オンデマンドコンテンツ配信、ライブ配信のどちらにも対応可能
クライアント側に配信データが残らないのでコンテンツの無断配布などを防ぐことができる

デメリット:
Webサーバの他にストリーミングサーバが必要なため導入の手間や費用など含め導入する際のハードルが高い

HTTPストリーミング

HTTPをストリーミングに用いる方式です。
ストリーミングのメリットとプログレッシブダウンロードのメリット両方を享受できる比較的新しい方式です。

メリット:
サーバはWebサーバのみで配信可能である
キャッシュが利用できサーバの負担が軽減される
クライアント側に配信データが残らないようにできるのでコンテンツの無断配布などを防ぐことができる
配信データを受信しながら再生するので再生までの待ち時間が短い
シークが自由に行える
オンデマンド配信、ライブ配信の両者に対応可能である

デメリット:
Webサーバで配信するため専用プロトコルストリーミングに比べ、パフォーマンスは低い
Webサーバに専用の配信ソフトウェアや配信ファイルが必要

と簡単に、動画配信の方式を説明したところで、比較するとストリーミングがメリットが大きくデメリットが少ないことがわかるかと思います。
しかし、導入コストの大きさが問題となってしまっています。

そこでオープンソースとEX-CLOUDを活用して、低コストのストリーミングサーバを次回は構築してみたいと思います。

この記事を書いた人

テクニカルサポート

テクニカルサポートを得意とするエクスクラウドのサポートスタッフ。

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ